ベールに包まれた精神

憂いを帯びた夜

成人達は酒気を帯びる

 

5月11日(金) 19:09

外面の醜汚に不満を抱いたまま 街に出る

 

空虚な淋しき 生の悩みと

精神的な沈鬱な性情が

夜の街を歩く私を苦しめる

 

誰一人として私を知る者はいない

そんな街を歩く心地良さと同じくらいに

この街を歩く人々のことについて

私は何1つ知らないのだと虚しくなる

 

孤独と寂寥に襲われた私は

どうしようもなくなり ホテルに帰った

 

チェックイン時の紙には嘘の住所を書いた

 

317号室  部屋に入り ベッドに横になると

この街のことについて何も知らないくせに

知った気になっていた自分が恥ずかしくなった