Midnight meisje

 

私だって健全な女の子だから

こうやって真夜中にブログをかいたりする

 

シワのない肌 制服 オナニー 制汗剤の香り 喧嘩

今が私の長い長い人生の中で一番マシ

 

夢想(無双) 

 

2018年2月26日(月)17時20分 教室で

女の子4人に見守られて

私は左耳にピアスを開けた

友達に開けてもらった

 

前に開けたときより痛くなかった

 

私が初めてピアスを開けたのは15才のとき

そのときは病院で開けてもらった 

ジンジンして痛かったのを覚えている

 

ピアスを開けたということを自慢したくて

わざと髪の毛を耳にかけて

ダサい透明のファーストピアスをチラつかせていた

 

左耳ピアス=守る人 

右耳ピアス=守られる人

 

女性が左耳だけにピアスを開けるのはレズビアンを意味するらしい

 

でも私はこのときすごく興奮していて

そんなことを気にする余裕はなかった 

 

とにかく開けたかった 

 

嘘 ウソ

そんなことは嘘で

どちらに開けようかと気にする余裕はあった

 

本当は右耳に開けたかった

 

守られる人になりたかった

 

でも「女の子なんだから右耳に開けたら?」

なんて言われて

 

私は可愛げのない子だから

意地で左耳に開けた

 

でも聴こうと思う音楽が増えた

ハヌマーン/17才

クリープハイプ/左耳

 

夏休みにはこの間買った星のピアスをつけてお気に入りのワンピースを着て 東京に行く